必見!太陽光発電オススメ会社6選

Home > 太陽光発電会社について > 産業用太陽光発電のメリットとデメリット

産業用太陽光発電のメリットとデメリット

 産業用太陽光発電のメリットとして 発電事業者という形でしっかりと収益確保ができることがあげられます。
産業用太陽光発電システムを利用することによって発電した電力に関しては、全量買取制度、さらにグリーン投資減税が適用されることになります。
したがって、会社の収益事業の一種として安定的な収益の確保が出来ます。
また、環境に対しての貢献と企業の立場での社会的責任を果たすことができます。
環境保護に関しての意識については、以前にも増して高くなっています。
以上のような流れの中において、環境保全を意識する努力を実施するのは企業責任と言え、産業用太陽光発電設備の組み入れは、それを現実のものとするもので、社会に称賛され、会社組織のイメージアップになりますので、大きなメリットといえます。

 また、非常電源の確保ができます。
停電や災害時、または計画停電などにおいて電力供給が止まったケースであっても太陽光電力を非常用電力という形で供給することが出来ます。
事業に対しての影響を最小限に留めることが可能です。
また、税制という側面での優遇措置があります。
産業用太陽光発電システムに関しては、税制優遇の対象の設備といえ、グリーン投資減税が適用されることになります。
加えて、助成制度もあって売電によって効果的な節税対策になります。
さらに、遊休未利用のスペースの効果的利用ができます。
過去利用できなかったスペース、具体的には、建物の屋上それから、屋根や壁面、空き地等でも、太陽光が当たる所ならば太陽光発電システムのセッティングが出来、資産活用することができます。

 デメリットとしまして、太陽光を活用することによって発電する太陽光発電については、日没の後は発電することはできません。
雨もしくは曇りなど気象状況が悪い日、日食のときにおいては、発電量が低下し、発電できなくなるケースもあります。
また、気温そのものが高すぎても発電効率がダウンします。
1年を通した発電量に関しては安定していますが、シーズンによって発電量に開きがあるということができます。
対策法として、太陽光発電を購入する前に、取扱店にシミュレーションを行なって貰うことが不可欠となります。
全国的にみると5月が一番多く発電する可能性が高いことから、最大限に発電が実現できるように下準備を行なっておきましょう。
具体的にはメンテナンスやパネル洗浄といった手段があります。

次の記事へ

先頭に戻る