必見!太陽光発電オススメ会社6選

Home > 太陽光発電会社について > 太陽光発電装置設置会社の対応を確認

太陽光発電装置設置会社の対応を確認

 建設工事などでは一社で全てを行うのはほとんどなく、設計と施工は別で施工は設備によって専門業者が入るケースが多いでしょう。
ただ下請けの下請けなど契約時に見えない業者が施工を行うようなときは問題です。
別会社が行うにしても、事前に業者から知らされている業者が工事をする仕組みになっているかを確認した方がいいでしょう。
太陽光発電装置を設置する会社を選ぶときには、家庭で設置するのであれば工事業者に依頼することが多くなりそうです。
業者によっては営業を中心に行っていて自社での工事や設置を行わないところもあれば、すべてを自社内で行うところもあります。
工事に対する責任感においては自社ですべてを行っているところの方がより安心して任せることができるでしょう。
契約時に誰が工事をするか確認しておきましょう。

 太陽光発電装置は色々なメーカーからいろいろなタイプが製造販売されています。
他人の住宅の屋根などを見るとどこも同じようなタイプが取り付けられているように感じますが、メーカーが異なれば素材や性質が異なるなどもあるので、自宅の屋根に合ったタイプを選択する必要があります。
工事会社を選ぶときに気を付けたいのは、特定のメーカーの装置しか取付けられないのか、複数のメーカーから選べるのかになるでしょう。
特定のメーカーしかできないとなると、合わないメーカーの装置を取付けられる可能性がありあまり良いとは言えません。
複数のメーカーから選べるのであれば、それぞれの特性などを事前に話してもらって最も合うメーカーのものを設置してもらうことができるでしょう。
少なくとも3社以上から選べるかを確認しましょう。

 住宅によっては全く同じ住宅もあるでしょうが、全く同じ場所に建てることはできません。
となるとそれぞれの住宅の環境は住宅メーカーだけでなく、どこに建てられているかによっても異なります。
太陽光発電装置を屋根に取り付けてもらうとき、屋根の形状の違いであったり方角の問題、周辺の建物などの影響などいろいろな違いがありますが、その違いに応じて適切な取り付けが必要になってきます。
工事会社を選択するときに、より多くの工事実績のあるところを選ぶようにすると、その分柔軟な対応をしてくれるかもしれません。
工事件数が少ないと、特殊な屋根への施工実績がなかったり、周辺に高層物があるときの対応が出来なかったりするかもしれません。
日本全国色々なところに設置している業者なら、臨機応変に工事をしてもらうことができるでしょう。

次の記事へ

先頭に戻る