必見!太陽光発電オススメ会社6選

Home > 太陽光発電会社について > 会社や個人が産業用太陽光発電を導入するメリット

会社や個人が産業用太陽光発電を導入するメリット

 会社など法人が太陽光発電を取り入れると多種多様なメリットが望めます。
まず、会社組織としての社会的責任の形での評価が高まることになります 原発停止が市民のとても大きな関心事になっている中において、すべての電力の60パーセント以上を費やす産業界に於いて電気の自給率を高くすることそれから、地球温暖化防止のためのCo2排出量削減は、企業市民の形で責務を果たす活動として一般社会から高評価されます。
今の時代は、事業に必要不可欠なエネルギーを一切合切再生可能エネルギーによってまかなう事を意識したRE100という環境イニシアチブがあります。
世界的に有名なグローバル企業がたくさん参加しています。
日本国内でも、大手企業が日本企業として参加していますので、注目されています。

 昔は電気を利用することによって収益をあげることが認可されていませんでしたが、多種多様な社会の一連の流れから再生可能エネルギー特別措置法が成立して、再生可能エネルギーを活用することによって発電した電気を高い単価の状態で買い取るシステムが出来上がっています。
その影響を受けてて、あまり多くないリスクで長期的にして継続的に収益を得ることが可能になっており、収益事業という形で注目されています。
それに加えて、災害の時などの非常電源を手に入れることができます。
電力の安定した供給システムが揺らいでいる中において、災害などによって停電が生じた場合でも、太陽光が発電しているなかで電力を利用し、事業のための活動を停止することが防ぐことができます。
さらに、蓄電池との同時利用で昼夜に関係なく電力確保ができます。

 従来は、産業向け太陽光発電をセッティングする経済的な有益性がありませんでしたが、全量固定買取りシステム並びにグリーン投資減税といった税制上の利点により、会社の収益事業という形で、太陽光発電売電事業を検討する法人が急激に増加しました。
とりわけメガソーラーの様に設置容量がとても大きくなると、投資回収の期間そのものが短縮され、投資回収した後は売電収入が期待ができます。
ですから、土地の有効活用含め、需要が高まっています。
また、活用していない農地を転用という形で大規模の太陽光発電をセッティングする農家もいれば、農業及び太陽光発電をセットして取り組むソーラーシェアリングも増加しています。
したがって、土地の効果的利用という部分から法人にとどまらず、一個人の発電事業者も増加傾向にあります。

次の記事へ

先頭に戻る