必見!太陽光発電オススメ会社6選

Home > 太陽光発電会社について > 会社が産業用太陽光発電システムを導入する際のデメリット

会社が産業用太陽光発電システムを導入する際のデメリット

 産業用太陽光発電が、会社にとってリスクの低い醍醐味のある投資ビジネスになっていますが、セッティングする前にはしっかりとデメリットについても理解しておくことが不可欠です。
デメリットとして、まず総費用が高いことがあげられます。
住まい用の太陽光発電と照らし合わせるとシステム単価は安くて済むものの、スケールが大きくパネル数も多いため、合計金額で見ると高い金額のトータルコストがかかります。
売電収入があるとは言うものの、大きい金額の初期に関するコストが掛かるに違いありません。
また、 スケールの大きい土地が必要なこともデメリットです。
産業用太陽光発電事業をスタートしようと考えたら、非常に大きい土地を欠かすことが出来ません。
何百枚のパネルをセッティングできる巨大な土地を用意するだけでも、お金がかかります。

 また、メンテナンスに関するコストがかかることもデメリットです。
太陽光発電システムに関しては故障が多くないと言われています。
しかしながら、異常動作が起きない保証はありません。
仮に故障が起こってしまったら、大きい金額の修理に関するコストが掛かります。
それに加えてパネルのお手入れに対するコストであるとか、パネルが地面に近いケースでは雑草駆除のコストも考える必要があります。
さらに補助金が無いデメリットもあります。
住まい用の太陽光発電に関しては政府や地域により都道府県並びに市町村からも補助金が出る場合があります。
しかしながら産業用は、全量買取システムによって売電に因る収益が期待できるものの、補助金は出ないケースが多いと言えます。
補助金が無いことは、ウィークポイントのひとつと言えるでしょう。

 自然エネルギーですから仕方がないことですが、晴れの日については発電量も一定量得られますが、曇り並びに雨の日は発電量が落ちます。
火力発電に関しては365日一定量の電力を発生させる事ができますが、太陽光発電については気象状況によって影響を受けるので発電量は不確実です。
さらに、太陽光発電そのものは蓄電ができません。
太陽光発電をセッティングしたら、緊急時の電源確保に安心感があるという人がいますが、実際の所こうした捉え方は間違っています。
太陽の光がしっかりと出ている間は非常時の電力確保の役に立ちますが、雨や雪、夜間には全く発電されないので、非常時においては頼れません。
太陽光発電のシステムに蓄電に関する機能はありませんから、どうしても必要な場合は蓄電池の確保をお勧めします。

次の記事へ

先頭に戻る