必見!太陽光発電オススメ会社6選

Home > 太陽光発電会社について > 会社が産業用太陽光発電を導入するメリット

会社が産業用太陽光発電を導入するメリット

 会社が導入する産業用太陽光発電は、原則として住宅用の導入メリットと同じ様なものですが、事業者という形で導入することを通して確保できるメリットもあります。
まず第一に、災害の際に非常用電源という形で応用できます。
近頃の異常気象もしくは地震大国の日本では海外と見比べてみて災害リスクが高いといえます。
ですので、事業者についても災害に向けた備えという意味、あるいは地域貢献という意味合いで産業用太陽光発電をセッティングするメリットがあるでしょう。
東日本大震災以来、原子力災害並びに原子力発電所が停止したことによって、電力供給システム自体が見直されています。
そのひとつが太陽光発電と言え、今からは事業者も産業用太陽光発電を使って、非常電源の調達に努力することが重要になります。

 産業用太陽光発電の導入要因としてあげることができるのは、収益確保というポイントです。
事業に関してはボランティアではありませんので、何かしら実益に結び付くものでなければセッティングする意味がないです。
産業用太陽光発電については、太陽光を電気へと差し換えるシステムです。
ですから、原則として日中の晴れた日ならば発電することが出来ます。
加えて、メガソーラーと言われるスケールの産業用太陽光発電については、1間でおおよそ300世帯の年間電力消費量をまかなうことができます。
初期に掛かる資金を抑えれば、原則として晴れ間にオートマチックに発電してくれますので、合理的に売電収入を獲得することができます。
ですから、産業太陽光発電を活用することで、収益という点でも有益性があるといえます。

 日本政府に因る再生可能エネルギーの促進のトレンドによって、固定買取価格システムが運用されています。
こちらのシステムは、太陽光発電が含まれた再生可能エネルギーにより、発電されている電気の買取価格を設備の導入年から固定価格に厚遇されるシステムになります。
産業用太陽光発電に関しても同じ様に固定買取価格システムの対象ではありますが、住宅用と比べて恵まれている面が見受けられます。
具体的には、全量買取、固定価格適用期間が長いというポイントです。
全量買取というのは、発電が行われた電気を一切合切売電に回してもよいシステムを意味し、産業用太陽光発電の売電につきましては、全量買取が適用されます。
ですので、産業用太陽光発電が住宅用よりも優遇され、売電収入額が多いというメリットがあります。

次の記事へ

先頭に戻る